将棋ママノート

ルールを全く知らない初心者以下の2児の母(30代半ば)がゼロから将棋をお勉強。
さて、どうなることやら。。
まずは、ルールのお勉強。将棋ママのお勉強ノートも大公開!

将棋

駒の動き方【まとめ】

駒の動き方をひとつひとつ勉強してきましたが、一通りみたので一度まとめてみたいと思います。

見比べることができるように、1ページにまとめてみました!
おさらいしつつ、ちゃんと頭に入っているかを確認しながらまとめましたよ~!

本を読んだり将棋セットのパッケージにある駒の動き方についての解説を読んでもなかなか覚えられなかったのですが、自分で書いて勉強したからかだいたいは頭に入っていました!

これで、駒の基本的な動き方はOK!
まだまだ先は長いですが、《千里の道も一歩から》!
やっと一歩を歩み出せるような気がします。

あとは、成ったときの動き方を覚えて混乱しないようにしなきゃですね!
頑張ります!

DSC_0959
※元々ウチにあったレポート用紙を勉強ノートにしています。
自分が覚えるためということプラス後にこども達が見ても楽しいようにと思って書いています。


駒の動き方【歩兵】

駒の動き方についてのお勉強の続きです。

週末は、家族の時間優先なのでなかなか時間がとれません…。

さて、今回お勉強したのは【歩兵】
【ふひょう】と読みます。

歩兵は、各自9枚ずつあります。
一つずつ前に進んでいく動き方も覚えやすい駒です!

なくてはならない大切な駒とのこと。
歩をうまく活かして使えるようになりたいものです。

DSC_0958
※元々ウチにあったレポート用紙を勉強ノートにしています。
自分が覚えるためということプラス後にこども達が見ても楽しいようにと思って書いています。

【歩兵】
縦  前  ○
縦  後   ×
横         ×
斜      ×

駒の動き方【香車】

駒の動き方についてのお勉強の続きです。

昨日、ドラマ『BG』を見ながら、駒の金将をお勉強したことを思い出しました(笑)
金将は、王将を守る守りの要の駒でしたよね!

そして、藤井聡太さん、中学生初の五段に昇級!!
正直、きっと将棋を知らないわたしにはそれがどれくらいすごいのかすらちゃんと理解できないほどの偉業なのだと思います。
おめでとうございます!
もし、わたしが早くに出産していたら、わたしのこどもでもおかしくない年齢の藤井聡太棋士。
将棋のことはまだまだよく分からないわたしですが、母親目線なら得意技!
母親目線でご活躍を応援したいと思います。


さて、今回お勉強したのは【香車】
【きょうしゃ】と読みます。

香車は、各自2枚ずつありますす。

真っ直ぐ突き進む動き方が覚えやすい駒!
後ろを振り返りません(笑)
ただ、一度進んだら戻れないので注意!

DSC_0957
※元々ウチにあったレポート用紙を勉強ノートにしています。
自分が覚えるためということプラス後にこども達が見ても楽しいようにと思って書いています。

【香車】
縦  前  ◎ どこにでも ※
縦  後   ×
横         ×
斜      ×
※ただし、動くところにほかの駒があるときは飛び越えられない。

駒の動き方【桂馬】

駒の動き方についてのお勉強の続きです。
カメの歩みでゆっくりと。

さて、今回お勉強したのは【桂馬】
【けいま】と読みます。

桂馬は、各自2枚ずつありますす。
動き方が特殊なので、わたしにとっては動き方が覚えやすい駒!
駒を飛び越えて動くことができる唯一の駒です。

飛び越える動きが、まるでスキップしてるみたいだなと思います。
個人的には動き方が面白いし、お気に入りの駒です!
お馬さん!(笑)
まぁ、将棋をしらないので、駒の役割や使える駒だとかそういうことについては全くどうこう言えないんですけどね~。

角と協力するといいとありましたが、特殊な動き方をする桂馬と角をどう協力させたらいいのかなんてわたしにはサッパリわかりません…。


DSC_0956
※元々ウチにあったレポート用紙を勉強ノートにしています。
自分が覚えるためということプラス後にこども達が見ても楽しいようにと思って書いています。

【桂馬】
縦 ×
横 ×
斜 ×
☆特殊な動き方をする!


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

駒の動き方【銀将】

駒の動き方についてお勉強の続きです。
カメの歩みでゆっくりと。

さて、今回お勉強したのは【銀将】
【ぎんしょう】と読みます。

銀将は、各自2枚ずつある小駒です。

わたしの中で、覚えるのが難しいのが金将と銀将の動きです。
本当に苦手です。覚えるしかないのは重々分かっているのですが…。
こんなんじゃ娘に「(暗記系のものを)覚えるの嫌とかいってるけど、1+1=2みたいな決まり事は覚えるしかないんだから!文句言わずにちゃんと勉強しなさい!」と言えないですね。

守りと攻めに使うとか、飛車と協力するといいとかありましたが、正直まだわたしにはチンプンカンプンです。
なんとなく、飛車が銀の動けない横や後ろをフォローしてくれるということなのかなと思うのですが、駒同士が協力するというのが一体どういう意味なのかどうしたらいいのか…すでにわたしには難易度が高いです。


DSC_0955
※元々ウチにあったレポート用紙を勉強ノートにしています。
自分が覚えるためということプラス後にこども達が見ても楽しいようにと思って書いています。

【銀将】
縦 前 ○
縦 後 ×
横   ×
斜   ○
スポンサーリング